いぶきの実 副作用

いぶきの実の副作用について調べてみました!

「いぶきの実」に配合されている主な成分は、
「還元型コエンザイムQ10」、
「えごま油」、「ギャバ」、「ラフマエキス」の4つです。

 

これらの成分によって
副作用が出ることは無いのか気になりますよね。

 

 

そこで、副作用の心配は無いのか
調べてみましたので、ご紹介いたします!

 

「いぶきの実」の
公式ホームページ(http://www.fromcocoro.com/ibuki/)の
Q&Aを見ると、「薬ではございませんので副作用の心配はございません。
薬との飲み合わせで気になる方は、
担当の医師に一度ご相談下さい。」と
記述されていました。

 

そうです。副作用は無いのです!

 

と言うともう終わってしまうので、
配合成分について本当に副作用の心配は、
無いのか調べてみましたので、
ご参考にしてください。

 

1.還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体内で生成され、
心臓や肺など、体のあらゆる組織や
臓器にある物質です。

 

また、肉、魚、キャベツ、卵などの食品にも
含まれているものですので、
副作用は無いと考えられています。

 

2.えごま油

しそ科の一年草である「えごま」から
抽出された油です。

 

「えごま」には「α-リノレン酸」が
豊富に含まれており、
健康食品としても注目されているものです。

 

「えごま」自体、食用として
栽培されているものですので、
副作用の心配はありません。

 

3.ギャバ

ギャバはアミノ酸の一種です。

 

体内に多く存在していると共に、
色々な食品にも含まれているものですので、
副作用の心配はありません。

 

4.ラフマエキス

「ラフマ」は日本国内では見かけない植物ですが、
中国のある地域ではラフマ茶として愛飲され、
医者要らずとも呼ばれていたそうです。

 

「ラフマ」の根は有毒なため取り除かれており、
葉の部分のみ使用されていますので、
副作用の心配はありません。

 

ということで、「いぶきの実」に含まれる主成分に
副作用を発生するものはありませんでした。

 

また、これら主成分以外に含まれる成分は、
「ゼラチン」、「グリセリン」、「ミツロウ」、「乳化剤」、
「カカオ色素」、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、
「ビタミンB6」、「ビタミンE」の9つあります。

 

いずれも副作用が確認されているものはありません。

 

ただし、主成分もそうですが、
過剰に摂取するとこの限りではなくなってきます。

 

「いぶきの実」は1日2粒から4粒が目安となっていますので、
用法・用量を守る必要があることは忘れないでくださいね。

 

さらに詳しく知りたい方へ

<公式サイトはこちら>

関連ページ

いぶきの実の効果は本当?
いびきに悩む女性の方におすすめのいぶきの実! いぶきの実の効果は本当なのか?詳しくまとめてみました!
いぶきの実の成分にはこんな秘密が!
いびきに悩む女性の方におすすめのいぶきの実! 配合成分には、どんな秘密が隠されているのか調べました!